トップイメージ

自動車を持っている人でしたら承知していると思いますが自動車税なるものの納税義務があります。仕事 辞めたい アフィリエイト

それでこれは、手放す中古車の買取の際に一般に還付されるお金なのです。

このことは実際実行してみるとすぐ頭に入ってくると思いますがこれから一つずつ流れを分かりやすく説明したいと思います一応記載するとすれば、日本のメーカーの車のみに限らず外車も自動車税が返還されることになっています。

これは車についてもそうです。

自動車税という税金はクルマの所有者が払わなければいけないお金ですが、税額は車の排気量により決められています。

1リッターより低いなら29500円で、1リッターより上で1.5リッターの場合34500円になります。

その後は500cc刻みで5000円増えます。

この税金は4月1日時点の所有者がその年度の自動車税を納める定めとなっています。

事前納付になるので、勿論ですが愛車を買取してもらって、所有権を失った際では前払いした分の金額は返還されるということです。

自動車税というのは前払いで以後一年分の自動車税を納付するので、年度内にクルマを売った際は新たなオーナーがお金を納めなければいけないのです。

買取先が買取専門業者なら売却した際にあなたが支払いすぎた金額を返還してくれます。

所有権が移転された時からの税額は入れ替わった保有者が納付義務を負います。

もしも自分が10月の間に愛車を引き取ってもらったのであれば、11月以降次の年の3月中までの払った税金は返金されます。

それは繰り返しになりますが自動車税の場合は一年分を先に支払っているという決まりからも明らかです。

まとめるとあなたは売却先に税を返還してもらうということになります。

個人でクルマを買い取ってもらうときに意外にこのような大切な事実を忘れている方がいますので、きちんと確認をとるようにしてください。

自動車税が車の売却で還ってくるという事実をほとんど知っている人が少ない事を利用して、それを隠す悪徳業者もいます。

こちら側から自動車税に関して言わなければ完全にそのことに関して言わないということもしばしば聞かれます。

なので愛車の買い取りを頼む際には払いすぎたお金が戻ってくるかどうかの確認を忘れないようにする必要があります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.real-zaragoza.com All Rights Reserved.