トップイメージ
借金に関しての引き落し方法は、金融機関の経営方針如何で違いがあっていろんなやり方がとられてます。一般的なところでは残高スライド方式やリボ払い方式などが導入されているみたいです。そしてかくのごときほとんどの人がご存知のリボルディング払ですが実は計算方式にはおおくの形式があったりします。それでそのよう方法によっては引き落しトータルが変わってきてしまうわけですので、理解していて損をするようなことはないはずです。それでは簡単に両者の形式の違いについてを解説していきましょう。最初は元金均等払いというものでその次は元利均等払いです。これらは読んで字のごとく元金に関して一様に払っていくというのと、元金と利率についてを全部で均一に払っていく方法です。ここではたとえば10万円借金したと仮定して、実際いかような計算をするのか試してみます。利率をいずれも15%というように算定します。それとリボルディングの支払を1万円と設定し計算します。とにかく元金均等払いからいきましょう。こんな場合のはじめの引き落しは1万円へ利子分の1250円を加えた支払いとなります。次回の支払は1万円に利率分の1125円を加えた支払いへとなるのです。こういったふうにして10回で支払いを完了させるといった方式です。これに対して元利均等払いというのは1回目の支払に関しては1万円でそこから元金へ8750円、利子へ1250円といった感じで割り振ります。2回目の引き落しに関しては元金が8750円へと減少した状態にて利率を勘定し、その1万円を再び分配するのです。つまり元利均等払いの場合は10回で支払が終わらないといった計算になるのです。これだけのずれで双方がどれほど相異なっているかがわかったと思います。元利均等は元金均等と比べ明白に元が減っていくのが緩慢という弱点があります。要するに利息をおおく出すといった状態になってしまうのです。一方で初回の返済が些少な金額で落ち着くというような利点もあるのです。こうした支払方法に関しての差異に呼応して、支払い金額というのは異なってきたりしますので自身の嗜好に合う方針を取るようにしていきましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.real-zaragoza.com All Rights Reserved.