トップイメージ
ローンについての支払方式というものは、ローン会社の経営方針如何でかなり差異がありましていろいなやり方が導入されてます。一般的には残高スライド方式やリボ方式などが多いようです。またこうした誰しも聞いたことがあるリボ払でも、本当を言えば計算形式にはいろいな種類があったりするのです。またさような種類に応じて支払金額が異なってしまうのですから、理解することで損することはないはずです。じゃあやさしくこの2つの方式のへだたりを解説していきましょう。はじめは元金均等払いというもので、もう一つは元利均等払いというものです。それぞれその名のとおり元本を一様にして払っていくのと、元金と利息をつごうで一様に返済していこうという方法になります。今回は仮に10万円借金したというように実際のところいかなる計算をするのかみてみましょう。利率はいずれも15%と設定し試算します。またリボルディング払に関する引き落としは1万円として考えます。最初に元金均等払いです。こうしたケースの1回目の支払は1万円に利子分の1250円を加算した返済額になります。次の支払いは1万円に対して金利分の1125円を足した引き落とし金額へとなるのです。こういったふうにして全部で10回にて引き落しを終了させると言う様式となります。一方元利均等払いというものは初回の引き落しに関しては1万円ですが元本へ8750円利率に1250円という具合に割り振ります。2回目の支払いは元金が8750円に減った状態にて利子を勘定して、1万円を再び割り振りをします。別言すれば元利均等払いのケースは10回で支払いが終わらないといった算出になったりします。これだけのギャップで双方がどれくらい相異なっているか十分ご理解頂けたでしょう。元利均等とは元金均等に比肩し明白に元金が縮小するのが遅延しているといった不具合といったものがあったりするのです。すなわち利子というものをおおく支払うと言う状態になるわけです。一方では、1回の支払いが小さな額で落着するというような長所というものもあります。斯様な引き落し方法に関してのずれに呼応して支払い金額というものが違ってきますので自分の嗜好に合致する方法をするようにしていってください。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.real-zaragoza.com All Rights Reserved.